コンピュータ応用学科
arut
概要
「小さな寂れた図書館の机にポツンと置かれた一冊の本。少年がページを開くとキャラクターたちが絵本から飛び出した。それは、読み手の選択で結末が変わる絵本だった…。」というストーリーから始まるリアル(現実世界)とバーチャル(架空世界)が融合しながらストーリーが展開される拡張現実(AR)を用いたスマートフォン向けカードゲームです。
プラットフォーム
Android(ARCore使用)、iOS(ARKit使用)

アプリダウンロード

Google Play で手に入れよう
コンピュータ応用学科サイトへ